D

アンリ・デュクールの娘マリ=クリスティーヌが、左岸のグラーヴとの境界近くに位置するこの魅力的なシャトーを購入したのは、1979年のことです。その後僅か数年の間に、60ヘクタールほどの畑全体に新たに植樹し、1348年に建てられた邸宅の改修工事を行いました。現在、当シャトーでは赤、白、ロゼの三色の高品質ワインを生産しています。

栽培面積 : 57 ha
植樹密度 : ヘクタール当たりの植樹数: 4500
土壌 : 粘土・泥土
ぶどう品種 :
• 白 : 6,8 ha
ソーヴィニヨン・ブラン
• 赤 : 46,2 ha
メルロ
ソーヴィニヨン、
カベルネ・フラン、
• ロゼ : 4 ha
メルロ
ソーヴィニヨン、