D

一家の歴史

一家の歴史:ボルドー市南東のアントル・ドゥー・メールの田舎ラドー村にある小集落ウルク。私たちの祖先ピエール・デュクールはそこに位置するシャトー・デ・コンブを1858年に購入して落ち着きます。子供や孫たちもその数ヘクタールの畑を引き継ぎぶどうを育てました。私たちの祖父アンリ・デュクールが加わったことで、シャトーの歴史が大きく変わっていきます。彼は子供のうち三人(マリ=クリスティーヌ、フィリップ、ベルナール)と共に事業を拡大し、ボルドーで最大の畑面積をもつ家族経営企業の一つに数えられるまでになったのです。(450ヘクタール、14シャトー、6種類のAOC

年代を追って

全ては旧ブノージュ伯領内の小さなラドー村で始まりました。以前からアントル・ドゥー・メールのこの辺りに住んでいた私たちの祖先は、ル・ウルク(ガスコーニュ語でかまどの意味)と呼ばれる小集落にあるシャト・デ・コンブに移り住みます。この地はパンを焼くために村人たちが集まる場所でした。

ピエール・デュクールがシャトーを引き継ぎます。当時、農地では混合栽培が普通で、サクランボなどの果樹と共に、数種類の野菜や穀物を交互に植えていました。ぶどう栽培も行われていましたが、収益が低く、当時はまだ主流ではなかったのです。できたワインはシャトーの個人消費用とする他、給料に足す現物支給として使用人に配っていました。

第一次世界大戦の終わりに、担架を担ぐ人として同大戦に参加していたルイ・デュクールが父の後を継ぎます。当時、同家には9ヘクタールの畑があり、徐々にワイン生産の比重を高めていきます。ラドーのシャトー・デ・コンブの隣に、醸造と保管用のシェを建築。少しずつ拡大し20ヘクタールに達したぶどう畑では、主に白ぶどうを栽培していました。

ルイ・デュクールは二人の息子、ジャンとアンリへの財産相続を考慮します。所有するドメーヌは二つに分割され、長男のジャンはソヴテール・ド・ギュイエンヌ近辺に新たに購入した畑を、アンリは父の後を引き継いで、子供の頃住んでいたシャトー・デ・コンブを相続しました。アンリは、隣村の出身でぶどう栽培者の娘であるシモーヌ・デュフールと結婚。1951年、二人は正式に同シャトーの代表者となります。

私たちの祖父であるアンリは、そこから僅か数キロのところにあるシャトー・ラ・アルグを購入します。周囲をぶどう畑に囲まれた、切り出し石の美しいボルドー様式の邸宅で、当時非常に人気のあった半甘口白ワイン(モワルー)を生産していました。それ以降、ぶどう畑への投資・買収が繰り返されていきます。

シモーヌはロマーニュとベルバに位置する父親の畑を相続します。それまで、ぶどうは地区の協同組合に運んでいたのですが、以降アンリの指揮のもと、ラドーで醸造することになりました。二人は続く数年間に近隣のぶどう畑を区画単位で購入していき、二つの大きなシャトーが誕生します。シャトー・ラ・ローズ・デュ・パン、シャトー・ラ・ローズ・サンジェンルマンです。

シモーヌとアンリの第一子であるベルナールが農学を修めたあと栽培地に戻り、醸造と販売を担当します。1973年、彼は最新式の瓶詰め設備を開発させ、私たちの白ワインを愛飲してくれる国外のトップ市場であるベルギーとUSAへ、ドメーヌから直送するシステムを整えました。

これらの成功と適切な投資により、一族の所有地は拡大し150ヘクタールにまで達します。シャトー・ボールギャール=デュクールとシャトー・ヴェルヌ(メドックのクリュ・ブルジョワ)をそれぞれ1973年と1976年に入手。販売会社《レ・セリエ・ド・ボルドー・ブノージュ》を設置し、この販売元名で全シャトーのワインを流通するようになりました。

アンリとシモーヌの子供たちが加わって、同社の発展を支えていきます。ボワイエ・ド=ラ=ジロデと結婚したマリ=クリスティーヌは総務と財政面を担当。2年後、末っ子のフィリップも同社に入社し、生産とぶどう畑の運営管理に携わります。マリ=クリスティーヌは1979年に、60ヘクタールほどの上質な畑に囲まれた左岸の壮麗なシャトー・ラロックを入手します。

有名なモエット&シャンドン社が、《ペルラン・アンぺリアル》と名付けた上質な弱発泡性ワインの新プロジェクト推進に当たり、ボルドーでのパートナーとしてデュクール家を選びます。10年間ほど、このシャンパーニュのメーカーは私たちの醸造用シェの隣に機械器具を設置して試作を続けていました。様々な意見交換や最新技術の導入(濾過、白ワインでの低温管理術)など私たちは多くのことを学び、非常に有意義な経験となりました。このエピソードを懐かしんで、彼らが働いていたシェの一部分を今でもモエットと呼んでいます。同年、アンリとシモーヌ・デュクールはシャトー・オレを入手。そのワインのイメージそのもののシャトーで、現在、家族や友人らが集まる憩いの場となっています。

所有するシャトーの中で一つだけ遠く離れているシャトー・ヴェルヌを売却。その後、初めて右岸のシャトーを購入します。AOCモンターニュ・サンテミリオンに位置し、17.5ヘクタールを擁するシャトー・プレザンスです。ラドー出身のデュクール家は、そのたゆまない働きにより、今ではアントル・ドゥー・メールの境界である二本の大河を超えた土地へも進出したのです。

数年前から上質なワインやサービスの提供、働き手の健康や環境への配慮に取り組んできた私たちは、その意向を具体化して品質管理部を設置します。

ベルナールの息子であるベルトラン・デュクールが当社で働き始めます。外国の複数の栽培地で働いた経験から、彼はワインに対する揺るぎない国際的なビジョンを身に着けていました。デュクール家に課された高い品質レベルを保つために、彼は最近買収した二つのシャトー、サンテミリオンのシャトー・ジャック・ノワールとカスティヨン・コート・ド・ボルドーのシャトー・デ・ドゥモワゼルにも、厳しい基準を適応していきます。デ・ドゥモワゼルにはシェを新設しました。

ジェレミ・デュクールがウノローグとして当社に加わります。彼はシャトー・カルボニュー(AOCぺサック・レオニャン、グラーヴの格付けシャトー)やドメーヌ・ド・ロルチュスといった偉大なシャトーの他、カーヴ・デュ・シエール・ダルクなどでも研鑽を積んでいました。現在、私たちの全てのワインの醸造と瓶詰めの責任者として働いています。

最も新しい《新入社員》として挙げられるのはジェレミーの弟のジョナタン・デュクールで、販売責任者として入社しました。ボルドーや外国(イタリア、ナパヴァレー、ニュージーランド)で実際にこの分野で働いてきた彼は、顧客のニーズや最新の消費者動向に対応しながら、ワインの販促活動を担当しています。

ワニ

私たちの製品のラベルに用いられている一対のワニは、アンリ・デュクールが築き、今日まで一族のメンバーに引き継がれている当社の起業精神のシンボルです。アントル・ドゥー・メールに端を発する私たち一族の象徴として、これ以上のアンバサダーかあり得るでしょうか?

アンリ・デュクール

1928年にアントル・ドゥー・メールで生まれたアンリ・デュクールは《自ら道を切り開いていった人》で、才能に溢れた起業家の模範とも言える人物です。爆弾投下のため中学1年で学校を去った彼は、ヴィニョーブル・デュクール社の成功の地盤を築いたのです。デュクール家の新たな時代は、彼がシャトーで働くようになった1951年に始まります。野心と勇気に満ちたアンリは、ぶどう栽培農家として三人の子供たち(ベルナール、マリ=クリスティーヌ、フィリップ)と懸命に働きました。その結果、私たちは今日のボルドーで最も広い畑をもつ会社の一つに数えられるまでになったのです。既に1985130日、この成功物語をディディエ・テールがジロンド新聞に以下のような記事で紹介しています。《アンリ・デュクールは自分の父親や祖父のように、ラドーの一介の栽培農家でいることもできた。しかし彼は遠くへ、遥か遠くへ行くことを選んだ。そして成功した》

勿論アンリの後にもヴィニョーブル・デュクール社は発展し続けましたが、成功への希求と事業への情熱を家族全員に吹き込んだのはアンリだったのです。彼は私たちに、昔からの良識と現代の最新技術とを組み合わせて、各テロワールの最高の資質を引き出すことを教えてくれました。美味しくオーセンティックなワインを手頃な価格で提供するために、私たちはこの哲学を遵守していきます。また、アンリはワイン業界の仲間うちのみならず、一般市民からも非常に尊敬されています。彼は1959年にラドーの村長に選出され、その後40年以上に渡って村の発展に尽力し続けたのです。1987年には農事功労賞のオフィシエを、2000年には国家功労勲章シュヴァリエを受勲しました。引退後は、最後に入手したお気に入りのシャトー・オレに住み、古い邸宅を根気強く改築し、シャトーの周囲に沢山のバラや木を植えました。この居心地の良い邸宅に家族が集まって過ごすひと時は、私たちに大きな喜びをもたらしてくれます。

チーム

私たちの目標

環境への配慮、働き手の健康の保持、顧客に対する高品質の保証、この地方で働く人たち全員にこの取り組みへの参加を働きかけること-これらが私たちが自らに課した目標で、この中には既に20年以上に渡って取り組んでいるものもあります。デュクールという名が高品質や進歩、活力、イノベーションといった言葉を連想させることを願いながら、毎日努力しています。